人気ブログランキング | 話題のタグを見る

算数・数学の克服!

こんにちは!

尾関です。


暑さが少し緩み、本日九州北部は梅雨入り176.png



さて、塾では中学生の定期テストが一段落。

現在その結果を確認中です。



バランスよく点数が取れた生徒もいれば、

苦手科目で苦しんでいた生徒も…



そんな苦手教科になりやすい教科の1つが数学。

今日は、その数学や算数について

アドバイスを中心に書こうと思います。



中学生の場合、小学生のころから

算数が苦手だったというケースが

多いのですが、やはり原因の第1位は


「計算力」


計算のやり方が定着していない

というより、練習不足で身についていない

と言ったほうがいいかもしれません。

たとえば、中学生でも

整数の2ケター2ケタの引き算や

2ケタ÷1ケタの割り算で

間違ってしまうことがあります。


人間ですからカンペキにはいかないにしても

間違う回数が多い場合、それは

算数が苦手になる大きな原因です。


では、どのようにして克服するか…



まず

①間を空けずに、できれば毎日練習すること

②計算の跡をのこしておくこと(特に筆算)

この2つは必須だと思います。


次に具体的に何をするか、ですが

これについては学年や時期によって異なります。


たとえば

中1の今の時期なら、正負の数

小6なら分数、小5なら小数


また、根本的な計算力改善であれば

マス計算や暗算練習を一緒にやれば

さらに効果的です。


ただ、中には

「小学校の頃は算数が得意な方だったのに

中学生になってから苦手になっていった」

ということがあります。


この場合は、暗算に頼りすぎ

途中の式を書かないクセがついているか

逆に、簡単な計算でも筆算してしまう

のどちらかでしょう。


特に小学生の場合、かけっこにしても

計算にしても「速い」ことが

「かっこいい」という文化119.png

根づいていますから、前者が多いですね。


いずれにしても、これらの場合は逆の方、

つまり

暗算派はしっかり式を書いて答えを出す、

筆算派は暗算練習をしてスピードをつける、

そうすることが解決法の一つでしょう。



まとめますと

計算力は算数・数学の要(かなめ)!

まずは、そこから見直してみてください。


算数・数学の克服!_e0346137_14282958.jpg


毎年、ちくしんの夏期講習会では、

特に小学部で計算練習に力を入れています166.png

授業の最初に毎回行う小テストや、

夏期テキストからの宿題(毎回1~2ページ程度)、

そして、スピードと正確さを競う計算コンクールなどで

夏の間だけでも計算力のアップが期待できます!



苦手なお子様も、さらに先取りしたいお子様も

ちくしんの夏期講習へのご参加お待ちしています!

算数・数学の克服!_e0346137_23115533.jpg

詳しくはこちらから


それではこのあたりで。

最後まで、読んでいただきありがとうございました!



by chikushin2001 | 2022-06-11 23:38

ちくしの進学教室、本校(朝倉街道駅前)の講師が綴るスタッフブログです。塾の現場は毎日がドラマチック!日替わりでヒーロー&ヒロインが誕生してます。


by chikushin2001