高校3年生の授業とセンター試験


こんにちは!甘田です。




日曜日の甘田家は大好きな「リアル脱出ゲーム」に4度目の挑戦!



見事4連敗目を喫してきましたorz

(クリアしたのは31チーム中、1チームのみ005.gif今回のはいつもより何倍も難しかった~)



そして、その参加者の中に、何と塾生が3名もいました!



恥ずかしかったですが、同じ趣味の生徒がいるのはうれしいものですね。







甘田情報はこれぐらいにして、ちくしんの話へ






今日はブログにあまり登場しない高校生のお話を。





ちくしんには高校生のコースもありまして、ざっくり言うと




ライブ授業:ちくしん講師による授業で基礎固め

(高1・高2の数学はグループ個別授業/英語と高3数学は一斉授業形式)



BBY授業:ポイントを押さえた人気予備校講師の授業を映像で受講



個別授業:講師1対生徒2名以内の個別指導でわからないことを徹底指導



ネイティブイングリッシュ:イギリス人講師の授業で英会話と表現力を磨く




これらから必要なコースを組み合わせて、




自分にぴったり
のスタイルで塾通いができるのが特徴です。







その中の、高3ライブ授業の1学期初回が先週の土曜日(4/9)でした。



英語(甘田)と数学(堀内)のセンター試験対策をメインにした授業です。



センター過去問演習と解説を中心に、重要事項の整理や問題演習も行います。







このセンター試験、国公立大はもちろん、私大受験者にも重要なのですが、



なかなかの強敵なのであります!




私の担当の英語を例にとってみると、



全20数ページにわたり、英単語総数4000語超と、かなりの量で、



全て選択式ではありますが、よく練られており一筋縄ではいきません。



030.gif高3でも半分(200点満点中100点)取れないという人も結構います。





そもそも時間内(80分)に解き終わらない生徒も多数!







それを9か月間で、時間内に必要な得点が取れるようにするわけです。




9か月、、、、




そう言うと長いように思われるかもしれませんが、たったの9か月です。







半分の点数を取れるようにするのでも1000語以上の単語・熟語を覚え、



英文法の問題集を一通り解いて各単元内容を何となくでもとらえ、



10数個の長文問題にあたって、読解力と速読力を磨く必要があります。





それを3~4か月続けて、ようやく20点程度の点数アップですから、



もっと点数を上げる必要があれば、またさらなる努力と時間が必要。







ね!そう考えたら、9か月は決して長いものではないとわかるでしょう。



今から始めたとしても、そんな状態なのですから、



部活動を引退して、やっと本格的な受験勉強に取り組もうとしている人は



なおさら受験勉強の期間が短くなるのは明らか。







中には、2学期から本腰を据えて勉強?なんて生徒も。



いったい大学受験をどう考えているのだろう!?と思ってしまいます。



すみません、少し言葉が荒くなりましたが、、、






毎年、エンジンのかかりが遅かったり、秋頃に塾に入る高3生を見るにつけ、



いくらヤル気満々でも、時間の制限はどうしようもないと痛感するのです。






現役で確実に志望大学に合格したいと思っているなら、


今から学習時間を増やしていくことを考えましょう。







いずれは塾に通うつもりの高3生諸君!来るなら今すぐ来なさい!





P.S.あと、一緒にリアル脱出ゲームに挑戦してくれる生徒(ご家族も!)求む!






[PR]
by chikushin2001 | 2016-04-12 01:09 | 高校生 | Comments(0)

ちくしの進学教室、本校(朝倉街道駅前)の講師が綴るスタッフブログです。塾の現場は毎日がドラマチック!日替わりでヒーロー&ヒロインが誕生してます。


by chikushin2001